HOME>注目記事>無駄な経費をかけないために必要な費用とその仕組みはどのようになっているか

電気に一本化する

マンション

ビルを所有している人にとっては、光熱費は非常に大きな出費になります。大きさによっても異なりますが1カ月で500万円を超えるようなところも珍しくありません。形のないものにそれだけのお金が飛んで行くのは、必要経費だとしても少しもったいないと感じるでしょう。この場合には、省エネ化することで少しでも個別を節約することが可能になります。省エネ化するために必要なことは、ガスと電気を電気に一本化してしまうことです。これをすることにより、基本的に料金が安くなる可能性が高まります。実際にどれぐらい安くなるかわからない場合には、一度業者にお願いをしてシミュレーションをしてもらう必要があります。結果的に初期費用はかかりますが、5年から10年の間で回収できるならば長期的に考えてお得な投資といえるでしょう。

初期費用はそれなりに考えておこう

マンション

ビルの省エネ化をするためには、まず初期費用がどれぐらいになるか知っておくべきです。いままでガスを使っていた部分をすべて電気にすることで、省エネは十分可能ですが、それでも500万円から1000万円ぐらいのお金がかかることは予想できます。そのため、何年で初期費用が回収できるかを考えておかなければいけません。初期投資を5年以内で回収できるならば工事をしてみてもよいでしょう。それ以上かかる場合には、いくつかの業者と検討してより効率の良いシステムがある方を選びましょう。

深夜料金を使うとよい

間取り

ビルの省エネ化には、昼間の料金だけでなく深夜料金を使うとよいことがあります。深夜料金帯に料金が安くなるため、その時間帯に電気を使うようにすれば、基本的にそれほどお金はかかりません。毎月の光熱費の1割ぐらいを減らすことは可能になるでしょう。ただ昼間に稼働しているビルの場合は深夜に電気を使うのは難しくなります。基本的に充電作業やある程度電気代のかかる作業は深夜の時間帯に回し、それ以外の作業は昼間の時間帯に使うようにしましょう。

広告募集中